ダイエットをするなら二種類の食物繊維を取る

食物繊維は便秘に効果的な栄養素だと良く知られています。 もちろん、便秘を解消したり、腸内環境を整えることによって、ダイエットをすることも可能ですが、 食物繊維にはそれ以外にもダイエット効果があるということはご存知でしょうか。 なお便秘対策については、 こちらの便秘解消サプリのサイトで 詳しく紹介しています。

まず、食物繊維の基本として、水に溶け易い水溶性食物繊維と、 溶けにくい不溶性食物繊維があるということを知っておきましょう。 もちろん、両方とも胃や腸には嬉しい効果を持っていますし、 ダイエットに効果的な要素も持っています。 水溶性食物繊維は、溶けやすく、どろどろとしていることが特徴です。

そのどろどろとしているという特徴にダイエット効果のキモとなります。 どろどろとしたゲル状の食物繊維は、糖質や炭水化物の消化吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑え、 余分な脂質とくっ付いて、排せつ物と一緒に外に出してしまう効果があるのです。

また、腸内環境を整える効果としては、 この水溶性食物繊維こそが腸内の善玉菌が活動をするためのエネルギーとなり、 その上腸に粘膜を張ることによって、腸内が荒れるのを防ぐ効果があります。 水溶性食物繊維は海藻類や生のこんにゃくに豊富に含まれている食物繊維です。 不溶性食物繊維にはデトックス効果があります。 しかも、胃や腸内での水分に溶けることが無く、その上過剰な水分を含むことによって、 便のかさを増して、お腹を圧迫することで便を出すように促す効果や、満腹感を感じやすくすることで、 必要以上に食べ過ぎないようにするという効果があります。 ですので、便秘の改善をしながらも、 ダイエットをすることができるのがこの不溶性食物繊維だと言えるでしょう。

どちらの効果も、ダイエットには非常に効果的ですが、大切なのは両方とも摂取をすることと、 水溶性と不溶性の食物繊維が1対2になるようなバランスに調整をする必要もあります。 どちらかが増えると、今度は腸にもダイエットにも効果が出にくくなりますので、注意しましょう。

このページの先頭へ